わざまるくん 西陣織カバー 伝統とかわいらしさが同居したデザイン


西陣織とは
西陣織とは、多品種少量生産が特徴の、京都(西陣)で生産される先染の紋織物の総称です。
昭和51年2月26日付で国の伝統工芸品に指定されました。西陣という行政区域は特別にはありませんが、西陣織にたずさわる業者がいる区域は、京都市街の北西部に位置し、上京区、北区を中心に、おおよそ南は丸田町通、北は上賀茂、東は烏丸通、西は西大路通に囲まれたあたりを指します。

参考:「西陣織とは│西陣織工業組合」(2018.05.09現在)
https://nishijin.or.jp/whats-nishijin


西陣織 画像
写真提供:株式会社 伴戸商店
カラーラインナップ
(画像クリックで拡大表示)
洛レイ胴入 むらさき
洛レイ胴入 黄
洛レイ胴入 黄パンダ
洛レイ胴入
むらさき
洛レイ胴入
洛レイ胴入
黄パンダ
洛レイ胴入 赤パンダ
寿三丁 赤
寿三丁 青白
洛レイ胴入
赤パンダ
寿三丁
寿三丁
青白
古代無金 赤トンボ
古代無金 白トンボ
古代無金
赤トンボ
古代無金
白トンボ
価格・仕様・組成
本体価格 3,580円+消費税
<仕様>
サイズ(約)φ18×18cm
重 さ(約)155g
<組成>
(カバー)[むらさき/黄]
ポリエステル85%、ポリエチレン15%
[黄パンダ/赤パンダ]
ポリエステル71%、レーヨン21%、ポリエチレン8%
[赤/青白]
ポリエステル78%、ポリエチレン22%
[赤トンボ/白トンボ]
ポリエステル100%
(本 体)[むらさき/黄/黄パンダ/赤パンダ]
ナイロン81%、ポリウレタン19%
[赤/青白/赤トンボ/白トンボ]
ナイロン86%、ポリウレタン14%
(中 材)ポリエチレン
日本製 ※カバー…ドライクリーニング可能
本 体…手洗い可能
使用方法
(画像クリックで拡大表示)
使用方法①
立てて使うと、高めになります。
使用方法②
寝かせて使うとカバーの横からクッションが飛び出し、低めになります。
立てて使うと高く感じる方や、あぐら座りの時におすすめです。